« 7月 2018 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

2014 J1 第21節 FC東京 VS 浦和レッズ

FC東京4-4浦和レッドダイヤモンズ

 守備が堅い同士の試合でスコアが動かないという予想が多かっただけにこの結果にはビックリ。最強の盾どうしてぶん殴り合った故の結果かも知れないですね。4−4スコア通り内容も濃く激しい試合でした。

 浦和に先制を許すも、数分後に高橋がCKからのヘッドで追いつき同点、さらに平山からのスルーパスに左サイドから武藤が裏へ抜け出し相手GKの股を抜き逆転、さらに相手DFにショルダータックル受けてPK、河野が決め3点目、勝負あり?否始まりなのだ!前半終了間際森重が相手をファールで止めPK献上、決められて1点差、前半だけで3-2という得点だけ見たら馬鹿試合、後半今度は左右に振られてボールウォッチャーになったところこぼれ球を決められ3-3同点、しかし直後に武藤がするするっと左から中央に切れ込んで右足一閃!4-3!よし!勝てる!なんて思っていたら徳永がボールに上げた足に突っ込んできたチュンソン(李忠成)が倒れて何故かPKをまたも取られて失点。結局4-4と言う大味な試合となってしまった。

面白くハラハラドキドキ、こんな試合がJリーグでも楽しめただけに今日の判定には残念・・・。凄く両チーム共に気持ちの入った試合を審判に壊されたという思いが強い。正直PK3本どうなの?ファールの基準もいまいち、カード出さないからあたりがどんどん強くなる。姉妹には平山の大けがに繋がるようなファールも見逃されるという酷さ、別に浦和がどうとかでは無く審判がコントロールできていないのが腹立たしい。残念。

 とりあえず首位鳥栖、浦和との2連戦 あと少しで勝ち点6を獲られたと思うと逃した2が大きすぎるかなぁ・・・次節は鹿島と言うとこで上位陣との対決が続くが、すこし4位と5位東京の勝ち点差が開きつつあるので踏ん張り所です。

Continue reading

第94回天皇杯 3回戦 FC東京 VS 松本山雅FC

FC東京2-0

天皇杯3回戦が行われました。相手はJ2松本山雅です。松本とは2011年の東日本大震災チャリティーマッチ以来の対戦、というか公式戦であたるのは初めてですね。でも、ついに松本と公式戦であたれるというのはなんか嬉しい限りです。でも、勝負は勝負!

 試合は東京が河野と平山のゴールで危なくなく快勝!松本はボールを奪ったら手数をかけずに縦へ早く展開し東京を押しこんできましたが、どうもカウンター合戦になりつつあった時間帯はちょっと怖さがありましたね。しかしリーグ戦での好調は今日の試合でも維持されており守備も破綻する事なく堅く守りきっていました。

 さて、初出場を期待されていたカニーニは登録期日の問題?か今日の試合に出場資格は無く初出場はおあずけとなりました。最近控えに甘んじることが多い選手達、千真、平山、三田、石川などの選手も隙あらばスタメンを奪ってやるという気合いが見られたので良かったです。あとは梶山の登場が待たれますね。気になるのは森重が負傷交代してしまったとこ、話によると大事を取って交代したということみたいですが、気になりますね。さて次戦は清水との対決となります。

2014 J1 第20節 サガン鳥栖 VS FC東京

サガン鳥栖0-2FC東京
首位鳥栖相手、何とか食らいついて勝ち点をゲットしたいところ。前半早々に東京が右サイドから千真の折り返しを米本がグラウンダーのミドルを流し込み先制、その後は鳥栖の巧みなフィジカルパワープレーの圧力が凄かった、長めのボールを放り込んだりサイドからのアーリークロスが怖い。東京はこのフィジカルサッカーに弱くいつもディフェンドなー陣が耐えられなくて崩壊する癖がある。しかし今日の東京は違った、好調を維持している東京は守備が今良い。守備の安定があってこその好調だ。今お東京は守備も崩壊しないでギリギリの所で踏ん張る、実に頼もしい。後半に入るとまた早めの時間帯に左サイド太田のクロスが直接ゴールの枠内へ跳び、相手GKが何とか弾いたこぼれ球を千真が押しこみ追加点。なんとも千真はリーグ戦350日降りのゴールとか?長かったぁ・・・鳥栖には良い印象があるのでしょう、千真が鳥栖戦を切っ掛けに再び目覚めることを祈ります。そんな千真の使い点も有り、試合はほぼ東京ペースで進み、相手の選手交代にも助けられ最後まで逃げ切って快勝。中断明け負け無し続いております!

さぁ次節は再び首位のチームとの試合です。負けられません!

2014 J1 第19節 セレッソ大阪 VS FC東京

ももいろおおさか0-0FC東京
 監督ポポビッチを解任してイタリア人監督に託したセレッソ、櫛来もJリーグ初のイタリア国籍を持つ監督同士の対戦と相成りました。内容はお互い守備重視?セレッソがボール保持率を高くし主導権を握り、東京はは相手に持たせてのリアクションサッカー、ジリジリと攻め込んでくるセレッソを何とか防いでのカウンター狙いでしたが、結局得点は奪えずスコアレスドロー。・・・うーん 負けなかっただけ良いとするところか。守備からのチームに変貌を遂げつつ有る東京の成長は感じるが、攻撃陣が沈黙したときの一手が欲しいね。中盤は支配できずに奪ってのカウンターだから主導権握れないので一矢報いたいときにスーパーサブがほしい所。 平山の突破には お!お!と期待しちゃいましたけどね。

2014 J1 第18節 FC東京 vs 清水エスパルス

FC東京4-0清水エスパルス

 快勝!完勝!無失点!最高じゃ無いですか!エドゥー、ムトゥー×2、太田の4発快勝です。どの得点も素晴らしい物ばかりでm、流れから、セットプレーからと得点パターンも多く素晴らしかった。前半だけでほぼ試合は決まり、東京の良いところが欲で他試合でしたね。しかし後半はかなり攻め込まれ危ない場面も多く、最後の最後で何とかしのいだ守備陣とゴールポストにナイス!と褒め称えたい。 まぁ東京が良かったと言えばよかったのだが、清水も直前で監督交代劇があったりと本調子で無かっただけに、しっかり勝ち点3を獲たのは大きいですね。いつもいい人東京で取りこぼすパターンでしたから・・・。 さぁこれで5位まで浮上しました。上位目指しましょう!

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top