« 7月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

Japan VS Australia Final AsiaCup 2011

1-0

 ついにアジアカップ2011決勝戦。相手は何度も悔しい思いをさせられている豪州。相手の監督はあの浦和レッドダイヤモンズをACL優勝させたドイツ人オジェック。日本サッカーをきっちり知り尽くしている手強い監督である。

始まる前は日本が俊敏性を生かして相手の懐に入ったり結構日本に有利じゃないか?と思っていたが試合が始まるとその考えは全くなくなった。日本のウイークポイントを的確に突いてくるオーストラリア。体の強さや高さで劣る日本にロングボールをガンガン蹴ってきて前線で競り落としたところを別の選手が狙う。これを徹底してきた。これをずっとやられると日本としては厳しい、2006年のワールドカップで悪夢の9分間の時と同じようだ、正直開始からパワープレーをやられて居るような感じ。試合中盤以降日本も何とか防いでカウンターやチャンスを少しづつ作れるようにはなったが、それでもオーストラリアの圧力は日本の最終ラインを苦しめ続けていました。

 香川の変わりの初先発だった藤本がなかなか悪くはないが試合感の問題があったようで試合に入り切れていなく若干ミスも目立ちはじめたところで守備の高さ対策も含め藤本から岩政へ交代。CBに高さのある岩政、左サイドバックに今野、左サイドハーフに長友を上げるという必殺の長友システム。これ・・・東京の試合を見続けてきて思うが城福東京采配で幾度となく見てきたゴリラ上げ!これは左サイドを青赤魂が揃っているのを見ると嬉しい限り。

 そんな采配が機能し後半途中からはかなり長友が左を制圧し、そこからチャンスも生まれ岡崎の惜しいヘディングシーンなど数少ない日本のチャンスが左サイドを中心に作れるようになってきたのが大きい。対する右サイドはセンタリングがことごとく相手SBに防ぎあてられ良いセンタリングがほとんど上げられない状況だったので、日本のチャンスは左が中心になるしかなかったというのもある。そして0-0のまま2試合連続となる延長戦へ。
 延長後半これまで1トップで体を張り、疲れの見える前田から初戦の出来がいまいちでそれ以来出番の無かった青赤ユース出身、柏、広島で活躍しているチュンソンが投入される。そして延長後半の疲労もピークであろう時間で左サイドをしつこく諦めずに挑戦し崩し縦へ鋭く突破した長友からの左足でのセンタリングが中でドフリーのチュンソンへ、そしてチュンソンが間違いなく簡単ではないボレーシュートを左足一閃!なんとも一発のチャンスを物にして相手ゴールネットを揺らした。その後はオーストラリアに深く押しこまれるシーンが続くが最後までゴールを守りきり日本がアジアカップ2大会降り通算4度目となる栄冠を手にした。

Continue reading

Japan VS SouthKorea Semifinals AsiaCup 2011

2-2(4-0)

 アジアカップ準決勝日韓戦が行われた。

 前半開始早々から早めに攻めた日本、日本の良い時間帯が続いたところで得点が出来ない、すると韓国のロンボール1発をペナルティエリア内でパクチソンと今野が競ったら、ちょっと厳しすぎるようなPK判定。しかも今野にはカードがないPK判定。それを韓国に決められ1点ビハインド。しかし今大会では先制されても何度も追いついてきた今の代表チームは頼もしい。左サイド本田がキープしタイミング良く車杜里(チャ・ドゥリ)の裏をついてサイドをトップスピードで駆け上がった長友へ、長友がサイドからペナルティエリアを深く切り込んで相手DFをぎりぎりまで引きつけての前田へのラストパスをこれまた前田がギリギリ足を出してゴール!これで1-1。その後も日本の方が崩す形は出来ていたように思えたが、相手韓国も中々くずれずそのまま前半を終える。

 後半開始早々はまた日本のペース→韓国ペースの流れが続き、崩す日本それを韓国が防いでロングボールを前線に当ててくる流れのままお互い運動量が激減し特に日本は動きが少なくなったのが目に見えるようになる。しかし共に決めきれずにそのまま延長戦へ。

 延長戦前半岡崎がPKを貰うと最大のチャンス、そのPKを今回も本田が、しかし何故か本田は今日もど真ん中に蹴ると相手キーパーに弾かれるしかし全速力で本田が蹴る前から走り出してた細貝がたたき込んでついに逆転!延長前半終了間際ザッケローニは守備へ陣形を変えるため1トップの前田を下げ伊野波投入。そのまま延長後半へ、伊野波投入で5バック、守備重視の陣形を整えたが、正直残り15分韓国相手に守備一辺倒になるのはかなり厳しいと感じた、5バックになったは良いがボランチも守備に吸収され出しズルズルラインが下がる。ラインの前にスペースをあたえてしまいそこをかなり使われ、1トップで追いかける役目の選手も居ないし運動量も落ちているので中盤と両サイドも制圧される。それでもなんとか弾き守り続け。一瞬の隙でカウンターアタックを数回しかけるも不発。残り5分から長友や本田で時間使う作戦をし延長後半ロスタイムまで来たところで、まさかそんなところでファールをあたえてしまうと言う感じでファールをあたえ、そのセットプレーで混乱の中最後の最後にこぼれ球を押しこまれ失点。最後の最後に2-2に追いつかれ延長後半が終了した。やはり残り15分守備オンリーはイタリア代表ではないのだから少し早すぎる守備型采配だったと感じる。

Continue reading

2011 FC東京新体制

 今期の新体制が発表されました。降格してしまった昨シーズン、選手の流出やら色々懸念事項はかなりあった、しかし以外に戦力を保持できたのではないだろうか?もちろん移籍してしまった選手達も居るが、それはそれこれはこれ仕方ない所かしら?

 昨シーズンから移籍していった選手は赤嶺が完全移籍で仙台、松下もレンタルで仙台、リカルジーニョ、ソ・ヨンドク、前田はレンタルバック、長友がチェゼーナへ引き続きレンタル、重松、平出、幸野、森村の若手はレンタル、大黒はレンタルバックの後マリノスへ、キム・ヨングンが大宮へ完全移籍しかし降格したのに主だった流出はこの程度。勿論長友、赤嶺は夏前からだし、リカと大黒はレンタルだったし、実質は助っ人外人のキムヨングンと松下の2人かな?松下は昨シーズンは勿体ない起用法だっただろうし仕方ない感じでした。仙台で思いっきり暴れて欲しいですね!ヨングンも韓国から助っ人外人で来てるわけだし仕方ない流出です。韓国色の強い大宮ならもっと活躍できるかもしれませんね、みんな移籍先でも頑張って欲しいです。若手のレンタル組はがっつり修行して帰ってきて欲しいですね!対戦することもあるだろうから楽しみです。

 新規加入選手は、ここまで思いっきり外国人枠3枠を使うならの昨シーズンに思い切った補強をして欲しかったと憤りを感じますが、仕方ない所です。1年で昇格できるよう助っ人外人枠はガッツリ使いましょう!助っ人ブラジル人3人組はFWで得点に大きな期待の元新潟やガンバで活躍したペドロジュニオールとブラジルのチームからロベルトセザー、この二人にはがっちり得点して貰いましょう!そして中盤に横浜FCからホベルトを獲得。 他にも大分から元代表の高松を獲得しFW争いも平山含め激しくなりそうです。ほかにも中盤や守備、GKの選手を獲得したようです。

 1年で昇格という目標を成し遂げるための戦力は揃っているのではないでしょうか?昨年より選手の流出は最低限に抑えられているし、主力はほぼ残った訳で、そこに外人力や新規加入選手達が加わり戦力アップしているのではないかと感じます。しかし、この現有戦力のタイムリミットは今期だけだと誰の目にも明らかで1年で目的を達成できないと金銭的にも厳しくなり戦力の流出は免れなくなるので、なんとしても昇格を! もちろんしばらくJ2で位置からチーム作りをと言う考えもあるんですけどね、でもやっぱりJ1でという気持ちの方が強いかな。しかし今期はJ2での厳しい戦いをしっかり応援します。それにJ2出初対決するチームも複数有るし結構楽しみにはなってます。今期はJ2楽しもう!

Continue reading

FC東京 2011 必勝祈願@大國魂神社

ついにFC東京の今期2011年シーズンがスタートした。午前中は小平で練習し、夕方からはホームタウンの1つ府中市の大國魂神社で必勝祈願を行うと言うので府中へ行く用事があったからその次いでがてら大國魂神社へ足を伸ばしてみました。

 今回は助っ人ブラジル人の3名と日本代表組の今野選手と権田選手が不在でした。昨年体調不良で不参加だった羽生選手は今日は参加されていました。それと今期レンタル加入の高松選手が参加されてましたね。

 それにしても昨年よりもファンの数が増えていました。そういえば大國魂神社は結婚式場を併設しているのですが、今日運良く?悪く?結婚式をされている夫婦がいらっしゃいましたが、一緒に選手や監督と写真撮影などされていました。一生残る良い思い出となるのでしょう。そのまま夫婦で是非サポに・・・。ちなみに私の中学生の頃の同級生がここで結婚式上げるというので披露宴に参加したことがあります。

 さぁ!これでついに今期もスタートです!大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)に願ったならきっと大丈夫さ!
 

Continue reading

Japan VS Saudi Arabia AsiaCup 2011 Group B

日本5-0サウジアラビア

 グループリーグ第3節、グループ内では最強だと思われたが2連敗で既に敗退の決まっているサウジアラビアが相手。サウジアラビアのモチベーションが測りにくい状況でのキックオフだったが、前半開始から日本ペース、立て続けに3得点すると日本はペースダウン、しかしサウジは完全に消化試合モードでやる気がない。そのまま後半へ入ると取りあえず切り替えた日本の攻撃が少し活性化し更に2得点追加。結局最後までやる気の見えないサウジアラビア相手に5-0で完勝。盛り上がりの少ない試合になってしまいましたね。

 正直アジアカップでサウジ相手でここまでのつまらない一方的な試合になってしまったのは残念。勿論完勝した日本は良いんだけどサウジとはぎりぎりの勝負が見たかった、恐らく前回2007年大会準決勝で敗れて以来の対戦だったしガチガチな試合を見たかったです。 
 しかしながら、これで日本はトーナメントへ進むことが決まり今度はノックアウト方式なので後が無い。2004、2007と記憶に新しい準々決勝以降の試合内容を考えると、今日の試合で本田を休ませたり伊野波や岩政、柏木や本田拓也を使うことも出期たし、中々得点できなかった前田も2得点、控えに甘んじていた岡崎も昨年の平山以来の代表ハットトリックを決めるなど良い切っ掛けにはなりそうな試合になったのではと信じたい所です。

 次戦は開催国カタールとの完全アウェーでの対戦となります。カタールとは2009.6/10にワールドカップのアジア最終予選で対戦した時の1-1で物凄い酷い為体な試合を行い引き分けた時以来の対決です。今度こそはガッツリと勝利して欲しい物です。

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top