« 7月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

ACL 2012 Round of 16:Guangzhou Evergrande FC VS FC TOKYO

1-0FC東京

 ACLベスト16の試合、広州恒大(广州恒大)VS FC東京はアウェーでの一発勝負です。相手は何故か元イタリア代表監督で2006年に世界一に輝いたあのリッピ監督が率いていますが・・・さらにかなりの金満チームとの噂も聞きますが如何な者なのか?話だけ聞くと絶対に負けたくないと思えるような対戦相手、さてどうなるか・・・

 試合映像を見たらやはり完全アウェー。異様な雰囲気は感じる。東京は先日のレッズ戦から中3日というかなりタイトなスケジュールではあったけど前半からかなりちゃんと攻めることが出来ていたのでは無いでしょうか?ある程度前まで運べまだ相手も東京の特徴を捉えきる前の数分間は結構攻めることが出来チャンスにもなっていました。しかし徐々に時間がたつにつれ広州に攻められ続けてしまい対応に苦慮。広州の助っ人外国人選手達は質が高く、右サイドの徳永は対応に四苦八苦といった感じになっていました・・・。でも徳永で右サイドの対応が苦しいなら東京に他の選択肢は無いですね。 しかしそれでも何とか対応していたけどあれだけ中盤で奪われ方が悪いとダメです。結局ボール奪ってもロストし攻め込まれ続けての失点、痛すぎました。1-0のまま後半へ。

 後半は徐々に動きの鈍くなっていた広州に対し東京の攻撃の時間が徐々に増えていたように感じた。しかし有る一定の所まで運べても最後の精度が悪すぎた。シュートが枠に飛ばなければゴールになるわけが無い・・・・。最後の最後まで果敢に攻め後半ロスタイムには権田までもが最前線へ上がりヘディングシュート撃ったけど結局はずれ敗戦となりました。

 やはりボールを持って前戦まで運べる時間帯もありましたが、結局は奪われ方が悪い。最終ラインとボランチの位置でミスからのボールロストだったり、せっかく奪って攻撃にかかる最中に他の選手が追い越して上がっているときにボールロストしショートかウンターを喰らうとか・・・やはりリーグ戦と同じ失敗が多く見られたのが残念です。でも攻撃の形や今まで一度もやった事が無いような選手配置だったり3バックシステムだったり、それが機能したりしてこのチームはまだまだ発展途上で成長過程にあるというチームなのが良く解る。まだまだ強くなる要素が多くACLでも勝ち進めそうな力を感じるのだが・・・。結局今期初めて参加したACLはベスト16で終えることとなってしまい非常に悔しい。全く歯が立たなかった訳じゃ無い相手に競い負けてしまった感じ。一瞬の隙から産まれた失点が最後まで取り返すことが出来ずに。国際試合ACLの悔しさを晴らすにはまた来期参戦するしか無い!ACLに毎年出られるような安定した強さのチームになるために毎シーズン、毎試合成長していきたいですね。

 権田の熱さがあればいつかきっと・・・
 

2012 J1 第13節 FC東京 VS 浦和レッドダイヤモンズ

FC東京1-1浦和レッドダイヤモンズ

 何年もの間全く勝利できない相手浦和レッズ。そんな浦和相手に昨年末の天皇杯で勝利したのは記憶に新しいですが、リーグ戦での勝利はいつになるのか。そんな苦手な浦和が相手の一戦となりました。監督同士も色々あるようですし注目です。

 試合は前半から結構がっぷり組んで良いところを消し合うというよりは共に自分たちのスタイルでサッカーをしていたように思え、ミスをした方が負けるというようなかなりの真剣勝負で見応えはありました。 ホーム東京の方がチャンスが多く感じましたが結局いつものようにシュートを打っても決定機を決められずにいると、一瞬の隙をつかれて後半も後半試合終了間際にマルシオリシャルデスに決められてしまい万事休す。でもここで挫けない東京いいですね!直後のCKで石川→森重のヘッドで追いつきそのままドロー。試合内容的には勝ち点3とれた試合でしたが、最後に失点しほぼ嫌な悔しい負け試合となる直前に追いつき勝ち点1をもぎ取れたのは大きいですね。

 しかしスタジアムの雰囲気も物凄い異様な物でしたしJリーグの試合でここまでの雰囲気で真剣勝負を観られるのは希なことです。東京サポも浦和サポも激しいわw 今日のような良い試合ならいつでも見たいですね。

Continue reading

Japan VS Azerbaijan Kirin Challenge Cup 2012

日本2-0アゼルバイジャン

 W杯予選前最後の親善試合が行われました。相手はアゼルバイジャンでアジア予選を考えると丁度良い相手ですね。今回はシーズン終了直後の海外組とJリーグで最近活躍している選手等が呼ばれ、その中でも本田の久し振りの招集や、宮市の招集も話題でしたが、個人的にはやはりFC東京から権田、徳永、高橋、長谷川と4人も呼ばれたのにはビックリしましたが彼ら4選手が今日の代表戦の楽しみでした。

 この中で結局試合に出場したのは高橋だけでしたが、見事代表デビューを飾った高橋。中々良かったのでは?確かに何度もミスはしてたけどいつものことですし。そんななかでも高橋らしい奪取してそのまま前へ運んだり、攻撃に顔を出して連携メンで見せたりシュートを狙うなど結構デビュー戦にしたら上出来だったのでは?今後に期待してしましますね。アーリアや徳永も観たかったのですが、それはまた次の機会のお楽しみですね。

 さて、そんな代表の試合自体は香川と岡崎のゴールで完勝。ちょっと守備面で危なっかしい場面もありましたが、こんなもんでしょう。

2012 J1 第12節 FC東京 VS サガン鳥栖

FC東京3-2サガン鳥栖

 スタイルの違いのハッキリ解る2チームの対戦。ポゼッションを嗜好し最終ラインから繋いで焦れずに崩していく東京と、引いて守りフィジカル重視の鋭いカウンターが武器の鳥栖。それが本当に見事に現れた試合でした。

 繋いで崩していく東京をブロックを作り罠を貼って中盤で奪って速攻を仕掛ける鳥栖。その鳥栖の鋭いカウンターを物の見事に前半終了間際に喰らい失点。さらに後半に入りしばらくしたあと選手交代で攻撃に軸を傾けたと思ったらまた同じように鋭いカウンターを食らい2失点目。なんともかんとも相変わらず弱点は改善されていない・・・。本当に散々な試合。

 しかしここまでやられると選手交代で監督のメッセージが送られる。次々と攻撃の選手を投入し高橋をCBに下げボランチが長谷川と梶山になり両サイドに石川、河野というドリブラー、ルーカスと千真のツートップ状態になると分厚い攻撃が鳥栖に襲いかかる。右サイド石川からの浮き球パスをゴールを見ないで脚を振り抜いた千真がゴールを決め1点差。さらに左サイドから椋原のロングスローをルーカスが納めてふんわりセンタリング、それを逆サイドの徳永が何とか折り返したところにまたしても千真が押しこみ同点!さらにさらにその直後右サイド石川からのFKを長谷川の頭をかすめたと思ったらまたまた千真の今度は鼻に当たり逆転弾!見事千真のハットトリックで試合をひっくり返しました!

 それにしても試合としたら面白い試合でした、違うスタイルを持つチーム同士のお互い良いところを出し合ったような試合だったでしょう。しかしファンとしてみたら2点ビハインドの時は正直またこんな形で失点しやがってと言う思いでした。まさか千真のハットトリックが炸裂するとは・・・サッカーって本当に面白いですね!

機動戦士ガンダムUC episode5 黒いユニコーン -感想-

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 前作episode4 重力の井戸の底でから半年、やっとepisode5が劇場やPlayStation®Store、J:COMオンデマンドなど先行公開や配信が始まりましたので早速見ました! 以下ネタバレを含むと思うので未見の方は読まないで下さい。

 まず劇場で鑑賞した初見時の感想としては、ちょっとストーリーに入りきれずにいたまま最後まで過ぎてしまったという感じ。何となくの違和感はブライトだろうか?声優とかの問題では無く、どうしても今までのブライト像と今作のブライトの印象が少し違うのが正直最初に感じた印象かな?ちょっとしつこい印象というか、言い回しに違和感を覚えてしまった。しかしこれは原作の福井氏特有のちょとしつこい言い回しのために感じた違和感で、ブライトだからどうのこうのでは無いのだが、冒頭で感じてしまったためその後のストーリーに入り込めなかった。淡々と見て盛り上がり所も見てそれなりに楽しめはしたけど過去4作品ほど上映中に入り込むような感じでは無かったのが残念だった。もう少し劇場で見るときは熱中して観たかったです。もちろんだが、劇場でBlu-rayを購入したので帰宅後何回か通して見た。しかしもう一度じっくり観賞すると初見時よりかは随分楽しめた。当初感似たブライトへの違和感は慣れたというのが妥当な感じだが、よくよくストーリーを追いかければ必要な部分ですしね。 勿論その他の部分についても今回もちゃんと作り込まれていて充分価値のある作品と感じた。やっとバナージの元へとミネバが帰ってきたシーンや、ジンネマンがマリーダを救い出すシーンなどはユニコーンという作品の中で重要な部分だろうし見所の多い一本でした。ちょっと詰め込んだ感じもしてるけど次のepisode6に受け渡すには仕方ないんでしょうね。


Continue reading

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top