« 7月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

2012 J1 第33節 ガンバ大阪 VS FC東京

ガンバ大阪2-2FC東京

 東京にしてみたらACLも無い、残留争いも無い、賞金も微妙なこの時期、モチベーションの維持が難しい消化試合となってしまったガンバ戦ですが、流石に3連敗は嫌ですよと言うような感じで乗り込んだ大阪です。

 試合は東京の方がペースを全体的に立ち上がりは握っていて結構良い感じに徳永が決めて先制。しかしその後幾度と無くガンバのミスを突いて追加点のチャンスを作ったのにもかかわらず最後の最後で決めきれずにいたら・・・案の定セットプレーで追いつかれてしまう。追いつかれるとガンバも勢い付きガンガン前掛かりになって来ていたが東京もチャンスを作れて居た・・・しかし一瞬の隙をつかれDFがミスをし逆転を許してしまう。その後もガンバ、東京どっちに転ぶか解らないような責め合いが続きこのまま終わるのか?3連敗か?と嫌な予想までしてしまっていたが選手交代で流れが少し東京になると左サイドでブチチェビッチ、太田と来て千真が押しこみ何とも同点にまでは追いつくことが出来ました。そのまま試合終了で2-2のドロー。

 ガンバにしてみたら残念な引き分け試合になってしまったのでしょうけれど、東京からしてみても連敗中だったわけでそろそろ勝ち点獲らないとね〜。そんなわけで何とか勝ち点1を獲得しモチベーションは微妙なままですが、最終節仙台戦ホーム味スタですから勝ちで今季最終戦を終えたいですね。・・・天皇杯も無いし(´;ω;`)ブワッ そしてその仙台戦も消化試合になってしまいました。

 見事広島が今シーズンのJ1リーグチャンピオンに輝きました!しかし広島はJ1オリ10ですからね。優勝して当たり前かもしれないけど2度も降格しここまで来た広島には心より祝福したいですね。羨ましいけど今の東京にその力は無い。あと何年かかるか解らないけどいつの日かリーグ優勝したい物ですね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q -感想?-

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを見てきました。一応前作を見ていたので気にはなっていたことも有りぷらっと買い物がてら近所の映画館へ。私のヱヴァンゲリヲンの知識はテレビシリーズのエヴァを2回くらい見たのと新劇場版の序、破を見ただけの知識で、今回のQの予備知識は0の状態で行きました。あえて言うなら前日に金曜ロードショウで放送されたQの冒頭映像くらいです。

 見た感想というか感想を書くほど知識も理解度も無いのですが、あえて言うなら前作の2つは総集編というか再編集版+一部新規追加的な雰囲気も持った作品でしたが、今回のQは完全に新作映画でした。テレビ版で見たストーリーから随分かけ離れぶっ飛んでいて当初そのストーリーの背景を把握するのに戸惑いがありました。一部ネタバレですがすでに前作の破でサードインパクトが起きてから14年の月日が流れているのが今回のQの舞台です。あえて言うなら話がぶっ飛んだなぁと言うのが感想です。ヱヴァっぽく無いちょっとガンダムやヤマト、マクロスチックな展開がこのアニメで見られるとは正直色んな意味での予想外でした。それでも昔のテレビ版焼き直しでは無い新たに新作として作られた物という感じでエヴァっぽい内面的な部分を入れつつ今まで描かれて居なかった新しい展開を入れてきている・・・のかな? で、ぶっちゃけ意味がわからなかったのが感想ですw

 このアニメは完全に意味を理解している人ってどれだけ要るんだろうと最初のテレビ版を見たときから思って居るんだけど・・・・やっぱりわからなかった。でも今までずっと見てきてる人なら劇場に見に行く価値はあるでしょうが、私のように中途半端な人はテレビやブルーレイになってからでも良いのでは無いでしょうか?

Continue reading

2012 J1 第32節 FC東京 VS ヴィッセル神戸

FC東京0-1ヴィッセル神戸

 悪天候の試合で正直言って運でしか無い様な試合。相手は残留争いまっただ中のお得意様だった神戸さん。試合中もどんどん酷くなるピッチ、パスが転がらず止まり、ドリブルなんか出来やしない自分らが子供だった頃の小学校の校庭で大雨のなかやったサッカーみたいなのをプロの選手達が繰り広げてくれました。浮き球で崩していくスキルは流石な物でしたがちょっと残念な試合でしたね。結果的に虎の子の1点を守り切った神戸が味スタで初勝利を納めました。

 東京からしたら今日も決行シュートは打てたのに決めきれず、東京スタイルには厳しいピッチ状態でした。神戸のフィジカル重視の前戦からプレスかけて奪ってのカウンターサッカーの方が今日のような天候には融通が利いてましたね。しかし失点シーンは言い訳の出来ない東京の酷い守備で崩されての失点でしたから完敗は完敗です。ACLも絶望的で降格もしない天皇杯も無い。モチベーションを保のに難しい今季のラスト2試合ですが・・・とりあえず 頑張ろうぜ!(´・ω・`)

Continue reading

2014 W杯 アジア最終予選:Oman VS Japan

オマーン1-2日本

 W杯アジア最終予選のアウェーでのオマーン戦でした。今のところ日本が頭ひとつ抜け出している感のあるグループですが、この試合を落とすと大混戦になりかねない大事な一戦でした。アウェーの洗礼っぽいのは大観衆が盛り上がった時にはやはり威圧される感じにはなっていましたが、審判のジャッジがあからさまに偏ってると言うことも無く進行していった試合でした。試合内容は前半長友の突破から清武が決めて先制し日本が最初有利に試合を運んでしましたが、後半徐々にオマーンが攻勢に出るとセットプレーから失点。嫌なムードが流れました。後半ロスタイム当たりに高徳が左サイドを突破しクロスを上げ遠藤がそらして岡崎が決め決勝ゴールとなり無事アウェーでしっかりと勝ち点3を獲るという素晴らしい結果となりました。

今日は追いつかれて勢いに乗らせてしまい危なく負けてしまいそうな雰囲気も合ったのをしっかりゲーム中に取り返して無事勝利に繋げたというのは大きいですね。良かった選手は長友!長友は最近インテルでも良いプレーをしており調子良さそうですね。対する本田は動きがかなり重たそうでロシア〜中東の気温差なんでしょうか?後はやはり選手交代で投入された高橋秀人!今日の試合はちゃんと入れて良かったです。先日の試合では第4の審判のおかげで間違えられてしまい試合2出る前に終わってしまい残念な状態でしたから今日は一安心。短い時間でしたが初最終予選おめでとう!

2012 J1 第31節 名古屋グランパスエイト VS FC東京

トヨタ0-1東京

 名古屋との対戦。平日夜の開催となった今日の試合、前節良い感じに勝利した東京とロスタイムラストプレーで横浜の中村俊輔に凄まじいFKを決められドローになってしまい後味の悪い試合となってしまった名古屋。そんなチーム同士の対戦でしたが、結局は名古屋が闘莉王の得点を守り切り勝利し東京は1点が遠く勝ち点を逃してしまいました。

 内容自体は悪く無かったと思う。前半も後半も東京の時間帯は多く、中盤支配していたのもシュート数も多いのは東京でした。しかし良い時間帯に全く得点を奪えず決めきれなかったのがやはり今日の敗戦でしょうか?確かに失点シーンは権田の判断ミスの割合が強いかもしれませんが、名古屋のシュート3〜4本?に対して東京の二桁のシュートの枠に飛ばない率と言ったら悲惨この上ない。枠に飛ばさなきゃ決まる物も決まりません。そんんあ東京のチャンスは多かったけど数少ないチャンスを物にして守り切った名古屋。勝負有りでしたね、でも悲観する様な内容では無かった、中盤のパスワークや崩しはなかなか良いし可能性は感じられたので負けは負けたけど価値ある負けなのかな?それでもなんとか勝ち点は奪って欲しかった。ACL圏内を目指していただけに残り試合数を考えると今日の敗戦は痛いですね。残念

Continue reading

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top