« 7月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

ヤマザキナビスコカップ’13 グループB 第3節 FC東京 VS 名古屋グランパス

東京0-0トヨタ

ホームで名古屋相手のナビスコカップグループリーグ第3節。日中の激しい風雨も止み、ピッチ状態も良く試合するには良い感じ。そんな名古屋との試合でしたが、前半は思った以上に東京ペース、先発の平山が調子よさそうに攻守にわたり顔を出し、ポストもシュートへの姿勢も良く得点の臭いはした。しかしなかなかチャンスは数多くあったが決められない。チャンスの時間に決めきれない東京は、やっぱり東京らしいw 後半に入ると案の定名古屋の時間帯が増え出す、そんなに何度もピンチを迎えたわけでは無いけれど、やはり決められる時間に決めておきたかった。それでも中盤のボールの奪い合い、鋭いカウンター、パスで崩していくなどなどお互いに鬩ぎ合い良い試合だったと思う。結局スコアレスドロー。後半ロスタイムのPKを外しちゃうのもまた東京っぽいですね。どっちに転んでもおかしくない試合ではあったけれど勝てなかったのは残念。内容はとても良いけど勝てないじゃダメ!しっかり接戦を物にしていきたいですね。

2013 J1 第4節 横浜Fマリノス VS FC東京

横浜FM3-2FC東京

 先発に忠成を1.5列目に入れ、ボランチにアーリア、左にルーカスと普段とは違うシステムで望んだ今日の試合。結果は悔しい敗戦となった。試合は全体通してどっちが支配しているというような展開では無く、お互いに攻め、守り、つぶし合いでがっぷり組んだ感じ。前半はシュートもお互いに少ないけど数少ないチャンスを何とかモノにしようという展開でした。内容は悪くない、チャンスを先に掴んだのは東京で、左からのセンタリング、相手に当たってこぼれたたまをボレーで今季リーグ初先発の忠成が決めて先制。そのまま東京がリードを守り後半へ、どちらかというと守備重視になってしまった東京に好きが出来たか・・・ファールを犯してしまいイヤな位置で横浜にFK、勿論俊輔が左足を振り抜くのだが、東京の壁に当たり角度が変わって決まってしまう。これで同点、さらにさらに東京の左サイドを崩され失点、逆転を許す。

 ここで先発をはずれていた米本を投入し、普段のシステムに戻す。失点で諦めないのが今の東京の強さなのだが、何とか追いつこうと攻めに転じた東京はまた流れをこちら側に持ってくる、そして千真が決め2-2の同点、やっとおいつき、最低でも勝ち点1だ!そして逆転するぞ!とSめに転じていたはずが、一瞬の隙か?後半ロスタイムにDFラインを崩され3失点目、万事休す。最後に平山、三田を投入するも選手交代の采配が遅すぎた感じは否めず、パワープレーも苦手な東京には流れをこちらに引き戻す事も出来ずそのまま敗戦。実に悔しい敗戦となった。前節セレッソ戦は後味の悪い悔しさ、今節は面白い試合だっただけにまた違う悔しさで、失った勝ち点が悲しすぎる。

 先発に調子の良い忠成を使っう采配だ起っため、守備がおろそかだったのか?ボランチのコンビを高橋米本では無く、アーリア、米本としたからか?以前の代表監督ジーコがよく言ってたのを思い出したが、調子の良いチームを弄るな。そんな言葉が頭をよぎった。しかしナビスコ見ると弄りたくもなる。 しかしなんと言ってもあの時間に追いついたのに、まさか守り切れず失点するとは、東京の左サイドの守備が脆い、2失点は左からやられて居る。これで今季2連敗、セレッソ、マリノスの2節で失った勝ち点6、決して小さくない。

2014 W杯 アジア最終予選:Jordan VS Japan

ヨルダン2-1日本

 勝つか引き分けでW杯出場が決まるこの試合、結局敗戦。
前半から作れたチャンスを消極的にシュートを打たずにチャンスを棒に振り、せっかくのシュートも外しまくり決められない。そんな状態が続くとだいたい予想は出来る。前半ロスタイムにセットプレーから失点。後半早い時間に個人技でぶち抜かれさらに失点。2失点してからやっと目が覚めた日本が引いて守るヨルダンに猛攻を仕掛け香川の得点で1点返すと右サイド突破した内田が倒され?PKゲット、それを遠藤が決められず失敗。その後の猛攻も防がれ、時間を上手く使われ試合終了。判定が酷いことは無く、ファールをあまり取らずに試合の流れが止まること無く良い審判だったと思うので、ただ単にガチンコ勝負で負けた試合でした。

全体通して清武のパフォーマンスがあがらなかったかな?前半から3〜4回絶好機にシュートを打たなかったし、ミスも多かった。遠藤も調子悪そうだった。結果的にどうしても本田、長友の不在が言われてしまうのだろうけれど、2人が不在でも勝てない試合では無かったはず。やはり失点のシーンで思ったのが2失点目は完全に一対一で負けた結果。あのスピードは難しいが、一瞬の油断はあったんだと思う。負けてしまったことは仕方ないけど、勿体ない試合を落としました。

さて、W杯出場決定は6月の2連戦までおあずけとなりましたが、それまでしっかり準備をして、ホームでW杯決定の喜びを得ようじゃ有りませんか!6月は高橋が出ますように。昔のW杯予選の時から考えるとそこまで悲観する必要も無いからね。それと・・・サッカーのテレビ中継に呼ばれるゲストは出来たらサッカー大好きな人にして欲しい。たまに代表の時だけプラット来て適当にコメントして終わる人や、海外サッカー偏重傾向の人とかね。

ヤマザキナビスコカップ’13 グループB 第2節 鹿島アントラーズ VS FC東京

鹿島アントラーズ2-4FC東京

 ナビスコアウェー鹿島戦。リーグ戦からスタメンを大量に若手中心に入れ替えた鹿島。ナビスコ前節から数名を入れ替えた東京。前半は完全に鹿島、東京は良いところがあんまり無く大迫にやられまくった印象。とにかく大迫が危険すぎ。東京のミスでボール奪われ速攻くらい大迫のセンタリングかと思ったらシュートでそれがきまり先制を許す。その後も感Zねんに鹿島ペースで時間は過ぎていく。正直アウェー鹿島は鬼門過ぎるなぁと悲観視始めていたが前半終了間際セットプレー崩れからの徳永のミドル→千真が角度変え同点弾を決めて前半終了。何とか前半で追いついたのが非常に大きかった。
 後半に入ると鹿島は前半終了間際に大迫が負傷していたようで大迫が下がった、さらに東京側も後半から東を投入したことが結果的に巧く廻った。東が上手くボールをさばきだし、リズムが東京に傾くと東→ルーカスで勝ち越し弾!さらに交代で入った左SB太田からのクロスを泥臭くヘッドで忠成が決め1-3!よし!行けると思った矢先にダヴィに巧く決められ2-3とすぐさま1点差に詰め寄られるとすこし鹿島に流れが持って行かれダヴィの怖さをしみじみと感じたが、ついに得点を決めた忠成の動きから堅さがとれチームとの連携も巧く行き出すと、忠成→東と忠成同様に東も移籍後初得点!しかも東の得点は右からの折り返しを軸足の左足インサイドでワンタッチで右隅に流し込むという何というオシャレすぎるシュートで4点目を決め勝負あり。

見事鬼門と言われたアウェーカシマスタジアムでの久し振りの勝利となりました!\(^O^)/ カップ戦だし鹿島もベストメンバーでは無く若手主体だったこともあるけど、苦手意識が芽生えつつあったアウェーカシマスタジアムで勝利したという事実、結果が大きいです。

Continue reading

Japan VS Canada 国際親善試合

日本2-1かなだ

 中立地での親善試合カナダ戦が行われました。内容は微妙。チャンスは作るも枠を外しまくり、チャンスを自ら潰しまくる日本。ミスも多く深夜遅くまで起きて見る価値があったかどうかわから無い様な試合でした。前半から結構カナダに回され日本のパス回し繋ぎチャンスを作るという日本らしさがあったか?と言うとちょっと微妙。
結局前半の岡崎ループとこうはんんおハーフナーのゴールで何とか勝った試合でした。本当に外しすぎ!ラストワンプレーも枠に飛ばないとか酷い試合でした。

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top