« 7月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

2013 J1 第18節 清水エスパルス VS FC東京

清水エスパルス0-0FC東京

つまらない試合だった、最終ラインを高く保ちコンパクトにしてくる清水に苦戦。相手にもそれほどチャンスを作らせたわけでは無いが、千真でボールが収まらず、裏を狙ってもオフサイド、ファール判定も最後まで東京の選手は基準をつかめず上手く行かない。終盤相手選手が1人退場になったが、それでも東京に有利には働かない、なんせ清水相手に11人対9人で負けたことが有る東京だ。何となくそんな気はしていた。負けないだけ良かったか?最後までパスを繋ごうと後半ロスタイムでもちまちま回すだけで、残り時間を考えない攻撃にもちょっと萎えるわ。

各選手判断がちょっとダメだったように思えました。夏の暑さ?中断明けであれではちょっとね・・・。

日本対韓国 : 東アジアサッカー選手権2013

2-1

オールJリーグ勢で挑んだ今大会、今日勝てば文句なしで優勝の韓国戦。先発は中国戦と一緒、蓋を開けたら韓国の頭からのパワープレー気味のいつものフィジカルサッカー。むこうは2点差付けて日本に勝たなければならずかなりガンガン勢い付けてくる。日本の弱点を左サイドバックと狙いを定めガンガンと崩してくるし、止められず押しこまれ何とか守る時間が続く。そんな一瞬の隙、相手のボールを森重がカットダイレクトに落としたボールを中盤でさらにダイレクトで前戦へ、上手く裏を突き抜け出した柿谷がGKとの一対一を決め見事なカウンター1発で先制。しかしその後失点し追いつかれる。その後も日本の左サイド側からずーっと崩され続け辛い時間が続くも、後半に入ってしばらく経過後右に徳永を投入、左へ駒野を回すと流れが徐々に日本へ、一方的に韓国に押しこまれるシーンは減りるも相変わらずあたりの強い攻防、連携面で日本はやはり急造チームのためトップ下が機能せずにチャンスをみすみす潰しまくる。だが、韓国は日本に増して得点力不足が深刻なようであっちも決めきれず何度も助かった。しかしチャンスは日本へ訪れた、後半ロスタイムに見事こぼれ球を柿谷が上手く左足を振り抜き今日2点目を決めると、その後の韓国の猛攻を防ぎきり勝利。東アジアカップ初優勝を決めました。

とにかく柿谷は良かった、消えてる時間もゲームの流れ嬢多かったけど、決定機をきっちり決めきったこの力、期待大ですね!早く海外移籍してwww 大迫もw

東京目線で行くと森重も徳永も今日は良かったんじゃ無い?o(^▽^)o 高橋の出番が欲しかったけど、まぁ仕方ない。とにかく初優勝おめでとう!

日本対豪州 : 東アジアサッカー選手権2013

3-2

 東アジアカップ第2戦 対オーストラリア。先発陣は前戦よりスタメン11人入れ替えという連携面では不安は残りまくりスティではあるが、個人的には新しい選手だらけなので楽しみではある。内容も日本ペースで前半からかなり良い形が出来ていたように思う。斉藤、大迫×2で3得点。攻撃面はかなり良かったのでは?しかし問題は守備だ、選手変えても守備はいけないか・・・CBが慌てすぎか連携不足か、ちょっと不安定すぎましたね。 全体的に見ても結果は出たけどミスが多く感じました。

そんな東京の選手が権田、高橋、徳永と3人同時先発フル出場と珍しいことがありました。この3人の仲では今日は高橋が良い動きしていたのでは無いでしょうか?ボールを奪い、落ち着かせ、散らす。正直東京の試合よりかは安定していたように感じましたね。それでも全員守備の選手で2失点してしまったわけだから万々歳と言うわけには行きませんがね。  さて次戦は韓国戦!どんな選手の組合わせとなるのか、楽しみですね。

風立ちぬ -感想-

スクリーンショット 2013-07-22 20.38.54 宮崎アニメを観に行くのはいつ以来?と言うくらい久し振りでしたが、平日休みだったので空いて居るであろうと思い映画館へ足を運びました。この映画、前々から子供向けでは無くある程度の大人をターゲットにしており、まぁ子供が見ても楽しめるようには作ってあるというように言われていた映画だったことも有り、客層は年齢層かなり幅広く感じました。子連れの親子、高校生カップル、中学生の部活帰り、老夫婦、興味を持った人たちが結構居ましたね。

 宮崎アニメにファンタージ性を求めて見に行くとおそらくこれじゃ無いって思うんだと思いますが、個人的には面白く楽しめました。関東大震災、大恐慌、第一次、第二次世界大戦、終戦、出会い、恋愛、死別、人生を生きて行くには苦難、苦境色々あるがなにがどうなろうと、生きていかなければならないというメッセージ。結構宮崎アニメはある程度まで描き、観賞した人がそれぞれ答えを出す様なメッセージというか投げかけ的な作り方をするように思いますが、今回の風立ちぬもそれだと思う。ある程度人生を生き、今のこの時代だからこそ創りたくなった、訴えかけたくなったんだろうなと思う。

Continue reading

日本対中国 : 東アジアサッカー選手権2013

日本3-3ちゅうごっくん

 おしい、立ち上がり動きも固い急造の代表、Jリーグ組だけとなった今回の代表にはかなり期待だが、急造感は否めず立ち上がりの不安定さからかPKを早々に与え失点。しかし徐々に日本ペースで栗原、柿谷、工藤と3得点で逆転するも2回目のPKとバランスを崩した終盤失点し3-3のドローとなってしまいました。

 まぁドローとなってしまいましたが、若手には期待できる部分も多かったように見えます。東京では森重が先発、高橋も後半かなり長めに出場できたので良い経験にはなったかと思います。しかしやはり急造チーム、一応カップ戦なので2戦3戦と徐々に代表チームとしてまとまりカップを獲られるようになっていれば良いかなと言ったところでしょうか。

22 / 301« First...10...2021222324...304050...Last »

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top