« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2010 J1 第32節 名古屋グランパスエイト VS FC東京

2010 J1 第32節 名古屋グランパスエイト VS FC東京

トヨタ0-1東京

 後のない戦いが続いてる東京だが、今日は優勝を決めた名古屋。名古屋のモチベーションがどの程度なのか謀りにくい状況ではある。優勝で安堵し安心している状況か、ホーム凱旋でサポーターに王者の戦いを見せるのか、東京サイドとしたらそんなこと気にしている余裕はなくただ勝ち点だけを求める試合だった。

 試合は何だか良く解らない試合だった、前半どっちも決定機を作りどっちも守りどっちもミスを侵していた。しかしそんな混沌とした状況を大黒の素晴らしい技術で技ありループが決まり先制。その後何度も東京は名古屋を上回る決定機を作りシュートもかなり打ったが流石の王者名古屋の守護神楢崎の壁は追加点を許さない。そんな東京の時間帯に追加点が奪えない状況で後半へ、後半は早い時間から名古屋が闘莉王を前線へポジションチェンジし攻撃が厚くなったが、何度も何度も危機的状況にはなったけど東京の守備は固かった・・・もう心臓に悪い戦いがこのまま終わってくれた。

 今日は平山が累積警告で出場停止の影響でシステムを若干変更し梶山がトップ下に入っていたが、今日の出来は結構良かったんじゃないかと思う、攻撃に走り、得点に繋がるプレーは流石でした。守備は徳永がボランチに入った事で機能していたし、最近ボランチでのプレーでの雑さが目立つ梶山が守備するよりかは良かったし、前目に配置することで上手い具合に機能してくれたと感じました。次節からはどうなるか解らないけどとにかく良かったです。

 今日の試合は試合内容を楽しむとかそんな状況下に見てる私はなく、とにかく勝ち点をとってくれと言う祈るような気持ちでの観戦。勝ち点3を無事獲得した東京、残留に向けてかなり大きな王者名古屋からの勝ち点3だ。まだ残り2節神戸との一騎打ちが続くが、シーズン終了時に笑顔でそれを迎えたいと願い、応援していくだけである。ガンバロウ東京!

週刊サッカーダイジェスト増刊 名古屋グランパス優勝記念号 2010年 12/30号 [雑誌]

出版社:日本スポーツ企画出版( 2010-11-26 )

定価:¥ 720

雑誌 ( ページ )

ISBN-10 :

ISBN-13 : 4910239961200


関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:1

qozy 10-11-23 (火) 19:58

ブログ更新!: 2010 J1 第32節 名古屋グランパスエイト VS FC東京 http://bit.ly/dLZUMT


Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2291.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2010 J1 第32節 名古屋グランパスエイト VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2010 J1 第32節 名古屋グランパスエイト VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top