« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > 日本代表 > サッカーW杯最終予選 イラン戦

サッカーW杯最終予選 イラン戦

金曜夜はサッカー見てました。イラン対日本、結果2対1と惜敗してしまったのですわ。
実につまらない試合だったというのが総評ですか。つまらない試合をした割には勝ち点も取れず。日本の狙いが実にちぐはぐしていて引き分けたいのか勝ちたいのかが見えない試合でした。
高原はトラップ下手すぎだし。あんなにファーストとラップが大きく飛んだら奪われるだろう。玉田も全然生きてなかったし。そう思うと柳沢の役割ははっきりとしていた、こんな場面では生きるのかも知れないですね。そう、だから鈴木や柳沢のような選手が必要なのです。この二人が点を取るのは考えにくいんですがポイントになる展開が出来るのだ。鈴木が前線に張ってポストプレーをしたり、柳沢もそう。高原と玉田はまた違うタイプなきがする。決して悪い選手と言うことではなく相性だろう、コンビとしての。鈴木と高原の相性は良いとは思えない、だから相性の良い鈴木と柳沢?って考えるとこれは得点のにおいがしない。大黒は途中出場で流れ変えるって役割で良いと思う。後半15分〜25分辺りの投入を望みたい。

さて注目を浴びた中田だが、どうだったんだろうか。見ている限り悪くはない、良いパスを何本も通していた、その代わり以前には見られなかったボールキープ率の悪さも出ていた。全盛期のようなプレーはもう期待できないのかも知れないがあのパサーとしての足は捨てがたい気がする。が、ポジションを下げてみるのも良いかなっておもった、
4バックについては慣れていないのが辛いところですね。2点目を取られた時は正面に右サイドバックの加地しか残って居無くってあっさりとヘディング決められた訳だし。3バックに戻して熟練されたシステムを使うべきだ、後半の選手交代などでシステムを変更した方が効果が良いと思われる。

で、個人的にはどんなシステムが良いかいつものように予想してみよう。もちろんバーレーン戦に向けてだ。そんなわけで累積警告で次節出場できない小野は外す。

まずシステムは3-5-2
GKは楢崎。川口の方が良いのだが怪我しているので仕方がない。
DFは宮本、田中、中澤
MFはトップ下に中村、右サイドに加地、左サイドにサントス、
ボランチに福西、中田、
FWに鈴木と玉田

こんな具合が良いな。もしくは右サイドを中田にしてボランチに福西と中田浩二。
中田をボランチにして深い位置からコントロールする選手が欲しいのだ。俊輔はやっぱり狙われるし、そんなときに小野が良いのだが次節は出場できないのでそこに英!かなぁ・・・・・
稲本はいまいち状態が解らない。稲本を使うなら中田浩二か遠藤のほうが現時点では良いだろう。

バーレーン戦に負けるとかなりドイツ行きは厳しくなるでしょう。ちなみにグループ二位までに入れば文句なしにドイツ行き決定!三位になった場合A組3位とのプレーオフ、ホーム&アウェーの二戦をし成績の良い方が北中米カリブ海予選の5位とプレーオフ!で成績が良い方がドイツ行き!そんなわけで最終予選は二位までに入らないとかなーり厳しい。あー北朝鮮とバーレーンが引き分けていてくれたらまた気が楽だったんだけどね。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid182.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
サッカーW杯最終予選 イラン戦 from Planting Field Web Log

Home > 日本代表 > サッカーW杯最終予選 イラン戦

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top