« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2010 J1 第6節 FC東京 VS 鹿島アントラーズ

2010 J1 第6節 FC東京 VS 鹿島アントラーズ

FC東京1-1鹿島アントラーズ

 さぁ、今期目標に掲げた昨シーズン上位チームからの勝ち点奪取。その上位も上位王者鹿島との対戦です。前半早々相手がハンドしてくれてPKで先制。その後前線から果敢にプレスをかけかなり東京が支配していました。試合もコントロールできていたように思いますが、試合開始からかなりのハイペースだったこともあり徐々に鹿島が試合をコントロールし出しました。東京は少しずつ色々ずれが生じてきてDFラインとボランチの間が空いて全体的に間延びしてきたなぁと感じたところ流石に鹿島小笠原は見逃してくれませんでしたね。フリーでボランチとDFラインの間にぽっかり出来た穴でボールを受けると迷い無くという姿が見えた瞬間羽生と徳永が慌てて詰めたけど時既に遅しミドルがやや無回転気味でゴール枠へ権田が弾くも運悪く興梠の所へこぼれ球を詰められて同点。嫌な感じに追いつかれて後半へ進むことになってしまいました。

 後半に入るとやはり試合巧者の鹿島がコントロールしていたように思います。しかしお互いに攻め合ったり守ったりカウンター合戦だったりかなり選手達も集中している良い試合だったと思います。ただ両チームとも最後の最後が決めきれずそのまま試合終了。東京は勝てるかもしれなかった試合を落とした。鹿島は勝てる試合を落とした。お互いに痛み分けと言ったところかな?しかし東京と鹿島が決定的に違うのはパス精度。これだけは思い知らされる。東京だと精度がボール1個分乱れてパスが通らなかったりするが鹿島のパス精度はやはり素晴らしいと感じる。

 それにしても石川は昨シーズンの活躍もあってか徹底的に警戒されているのが解る。中へ入ると壁だらけ、ワイドに開いても壁がやってくる。なかなか難しいですが、瞬間のスピードで所々見せ場を作ったのは流石です。それと今日はリカルジーニョが随分調子上げてきたように感じました。なかなか日本サッカーに会わない雰囲気だったし、チームと全く連動しなかったのに今日はかなり他の選手と連携もみられた上意外性のあるプレーもあったりちょっと良い意味でのビックリがあって良かったですね。しかし守備面でもうすこし・・・と感じましたが戦力になりつつあるので期待したいです。

 さて、また強豪チームからの勝ち点3は獲得できずにシーズン前に掲げた目標が達成できませんでした。残念無念。次はナビスコで大宮戦をはさみ次節4/17京都サンガF.C.、そして4/24ガンバ大阪、5/1サンフレッチェ広島と続きます。今期はWorld Cup中断期間が入るので中断まで後リーグ戦は6試合。なんとか上位へ食い込み中断期間を迎えたいところです。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid1726.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2010 J1 第6節 FC東京 VS 鹿島アントラーズ from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2010 J1 第6節 FC東京 VS 鹿島アントラーズ

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top