« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > 日本代表 > Japan VS Uzbekistan (アジア最終予選)

Japan VS Uzbekistan (アジア最終予選)

日本1-1ウズベキスタン

 2010W杯最終予選が2試合目が行われた。前半闘莉王の中途半端なクリアミスの隙をつかれ、相手のボールを奪われてFWシャツキフに先制される。しかし、前半終了前に俊輔が左サイドから相手に囲まれながらゴール前にセンタリング。大久保が技ありな折り返しをし、そこに詰めた玉田が同点ゴール。後半はパワープレーをしたり最後までゴール前へ迫ったが得点できず、逆にカウンターを喰らいそうになり危ない場面もあったがそのまま1-1の同点で終了。ホーム開幕戦を引き分けという嫌な形で終えた。

 それにしても今の代表は、というか今日の代表は良くも悪くも闘莉王頼み過ぎる。闘莉王システムというかなんというか。彼の得点力や高さは素晴らしいし代表にはもちろん必要なんだけど、ちょっと偏りすぎて居るんじゃないのかな?ゴール前に上がるといつもDFが穴になってる。得点力の裏に大きな穴が空いちゃうのよね。アテネオリンピックの頃もよく言われてたけど諸刃の剣なのよね。素晴らしくDF力も得点力も、オールマイティに備えた良い選手なだけにそこに偏っちゃってる。でも俊輔が徹底的にマークされ他のパスどころも潰されると確かにDFラインからガンガン上がる闘莉王はいい武器なのは確かなんだけどね。毎回それだと見てると恐い。1つのオプションとしてはいいけど。だからこそ闘莉王頼みにならない展開にして欲しい物だ。最後だって闘莉王上げっぱなしで中澤、阿部、稲本でスリーバックって勿体ない使い方、でも中では闘莉王が得点力一番だし。どうしても偏ったシステムになってしまっている。まぁ彼なら何とかしてくれるんじゃないか?という気にもさせてくれるプレースタイルだからそうなんでしょうけどね。必要な選手というのは間違いないのですがね。

 今日の会場は埼玉スタジアム2002。GoogleMapのStreetViewを表示させたかったんですが、さすがに埼玉は対応していないのね。都市部だけか。もう少し待てば埼玉も表示されるようになるのかな?

埼玉県さいたま市緑区大字中野田500

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info
プレミアム バンダイ

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid1123.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Japan VS Uzbekistan (アジア最終予選) from Planting Field Web Log

Home > 日本代表 > Japan VS Uzbekistan (アジア最終予選)

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top